ゴーヤーの由来

ゴーヤー茶 TOPゴーヤーの基礎知識 › ゴーヤーの由来

ゴーヤーは熱帯出身

ゴーヤーは、高温多湿の気温に適しており、もともとの原産地は熱帯アジアです。そのため、日本では熱帯に近い沖縄で主に栽培されています。

戦後の食料のない時代には、水や肥料が不足していたので、ほっそりとした小さいゴーヤーが食べられていました。
また、豚肉などはとても手に入らないため、普通に「ゴーヤー炒め」として食べられていたそうです。

ゴーヤーが日本中に広まったのは・・・

最近まで全く知らなかったのですが、「ちゅらさん」のせいみたいですね(笑)
さすがNHK・・・沖縄人もびっくりといったところでしょうか。

今では生産のほうが大変な状態のようです。
嬉しいのやら悲しいのやら? ちなみに、鮮度を保つために空輸で本州へ運ぶのも大変なようです。

キーワード: ちゅらさん  ゴーヤー  沖縄